Rust by Example

3.2.1 use

useを使用すれば変数のスコープを絶対名で指定する必要がなくなる。

// 使用されていないコードよる警告を隠すアトリビュート #![allow(dead_code)] enum Status { Rich, Poor, } enum Work { Civilian, Soldier, } fn main() { // `use`することで絶対名でなくとも使用可能になる。 use Status::{Poor, Rich}; // `Work`の中の名前をすべて`use`する use Work::*; // `use`しているため、`Status::Poor`と書いていることに等しい let status = Poor; // `Work::Civilian`に等しい let work = Civilian; match status { // `use`しているのでスコープを明示していない Rich => println!("The rich have lots of money!"), Poor => println!("The poor have no money..."), } match work { // こちらも同じ Civilian => println!("Civilians work!"), Soldier => println!("Soldiers fight!"), } }

See also:

マッチ(match) and use