Rust by Example

3.2.3 テストケース: 連結リスト

enumを使用が適切なパターンのひとつに、連結リスト(linked-list)を作成する場合があります。

use List::*; enum List { // Cons: これは、要素をラップし、次の要素へのポインタを保持するタプル。 Cons(u32, Box<List>), // Nil: 連結リストの終端であることを示すノード Nil, } // 列挙型にはメソッドを付与することができる。 impl List { // 空リストの作成。 fn new() -> List { // `Nil` は `List`型を持つ。 Nil } // リストを受け取り、その始端に新しい要素を付加したものを返す関数。 fn prepend(self, elem: u32) -> List { // この`Cons` 自体も、その第2要素もどちらもlist型である。 Cons(elem, Box::new(self)) } // list の長さを返すメソッド fn len(&self) -> u32 { // このメソッドは、`self`の状態によって振る舞いが // 変化するため、matchをする必要がある。 // `self`の型は`&List`であるので、`*self`は`List`になる。マッチングは // リファレンス(`&T`)ではなく実体(`T`)に対して行うのが好ましい。 match *self { // `self`をすでに借用しているので、tailの所有権を取ることができない。 // 代わりに参照を使用する。 Cons(_, ref tail) => 1 + tail.len(), // 空リストならば長さは0 Nil => 0 } } // Listをheap上の文字列として表したものを返すメソッド。 fn stringify(&self) -> String { match *self { Cons(head, ref tail) => { // `format!`は`print!`に似ているが、コンソール上に出力 // する代わりに、heap上の文字列を返す。 format!("{}, {}", head, tail.stringify()) }, Nil => { format!("Nil") }, } } } fn main() { // 空の連結リストを作成 let mut list = List::new(); // 要素を追加 list = list.prepend(1); list = list.prepend(2); list = list.prepend(3); // 追加後の状態を表示 println!("linked list has length: {}", list.len()); println!("{}", list.stringify()); }

See also:

ボックス(Box) and メソッド