Rust by Example

7.1 if/else

if-elseを用いた条件分岐は他の言語に似ています。多くの言語では条件式の中を括弧でくくる必要がありますが、Rustではその必要はありません。条件式の直後にはブロックが続きます。if-elseは式文の一種で、いずれの分岐先でも返り値の型は同一でなくてはなりません。

fn main() { let n = 5; if n < 0 { print!("{} is negative", n); } else if n > 0 { print!("{} is positive", n); } else { print!("{} is zero", n); } let big_n = if n < 10 && n > -10 { println!(", and is a small number, increase ten-fold"); // この式は`i32`を返す。 10 * n } else { println!(", and is a big number, reduce by two"); // ここでも返り値の型は`i32`でなくてはならない。 n / 2 // TODO ^ セミコロン(`;`)をつけて、返り値を返さないようにしてみましょう }; // ここにセミコロンを付けるのを忘れないように! // `let`による変数束縛の際には必ず必要です! println!("{} -> {}", n, big_n); }