Rust by Example

7.2 loop

Rustにはloopというキーワードが存在します。これは無限ループを作成するのに使用します。

訳注: while Trueと同じですが、ループのたびに条件を確認しないため、若干高速になります。

ループから抜けだす時はbreak, 即座に次のループに移るときはcontinueが使用できます。

fn main() { let mut count = 0u32; println!("Let's count until infinity!"); // 無限ループ loop { count += 1; if count == 3 { println!("three"); // 残りの処理をスキップ continue; } println!("{}", count); if count == 5 { println!("OK, that's enough"); // Exit this loop // ループを抜ける。 break; } } }