Rust by Example

7.5.1.2 列挙型

列挙型(enum)も似たやり方でデストラクトすることができます。

// `Debug`を継承して`println!`が使用できるようにする。 // `allow`の方は値を一つだけ使用したことによる警告を抑えるために存在する。 #[allow(dead_code)] #[derive(Debug)] enum Color { // これら3つの値は名前のみで扱うことができる Red, Blue, Green, // 以下の値は名前と`u32`のタプルをペアにしている。 // カラーモデルと呼ばれる。 RGB(u32, u32, u32), HSV(u32, u32, u32), HSL(u32, u32, u32), CMY(u32, u32, u32), CMYK(u32, u32, u32, u32), } fn main() { let color = Color::RGB(122, 17, 40); // TODO ^ `Color`に別の変数を入れてみましょう println!("What color is it?"); // `enum`は`match`を利用してデストラクトすることができる。 match color { Color::Red => println!("The color is Red!"), Color::Blue => println!("The color is Blue!"), Color::Green => println!("The color is Green!"), Color::RGB(r, g, b) => println!("Red: {}, green: {}, and blue: {}!", r, g, b), Color::HSV(h, s, v) => println!("Hue: {}, saturation: {}, value: {}!", h, s, v), Color::HSL(h, s, l) => println!("Hue: {}, saturation: {}, lightness: {}!", h, s, l), Color::CMY(c, m, y) => println!("Cyan: {}, magenta: {}, yellow: {}!", c, m, y), Color::CMYK(c, m, y, k) => println!("Cyan: {}, magenta: {}, yellow: {}, key (black): {}!", c, m, y, k), // 全ての値を列挙したのでその他の場合の処理は必要ない。 } }

See also:

#[allow(...)], カラーモデル, 列挙型, and #[derive(...)]