Rust by Example

8.2.6.2 Iterator::find

Iterator::findはイテレータに渡される関数で、条件を満たす最初の値をOptionとして返します。型シグネチャは以下のようになります。

pub trait Iterator {
    // イテレートされる値の型
    type Item;

    // `find`は`&mut self`を取るため、イテレータを呼び出した値を借用し
    // 変更しますが、消費し尽くすことはありません。
    fn find<P>(&mut self, predicate: P) -> Option<Self::Item> where
        // `FnMut`はクロージャによって補足される変数が変更される
        // 事はあっても消費されることはないということを示します。
        // `&Self::Item`はクロージャが変数を参照として取ることを示します。
        P: FnMut(&Self::Item) -> bool {}
}
fn main() { let vec1 = vec![1, 2, 3]; let vec2 = vec![4, 5, 6]; // ベクトル型に対する`iter`は`&i32`を`yield`する。 let mut iter = vec1.iter(); // `inter_iter()`の場合は`i32`を`yield`する。 let mut into_iter = vec2.into_iter(); // `yield`された要素へのリファレンスは`&&i32`となる。`i32`へとデストラクトする。 println!("Find 2 in vec1: {:?}", iter .find(|&&x| x == 2)); // `into_iter`の場合は`&i32`が要素のリファレンス。 println!("Find 2 in vec2: {:?}", into_iter.find(| &x| x == 2)); let array1 = [1, 2, 3]; let array2 = [4, 5, 6]; // 配列に対する`iter`も`&i32`を`yield`する。 println!("Find 2 in array1: {:?}", array1.iter() .find(|&&x| x == 2)); // 配列に`into_iter()`を使うと例外的に`&i32`を`yield`する。 println!("Find 2 in array2: {:?}", array2.into_iter().find(|&&x| x == 2)); }

See also:

std::iter::Iterator::find