Rust by Example

10.4 superself

super及びselfキーワードは、要素にアクセスする際に、曖昧さをなくし、不必要なハードコーディングを避けるために使用できます。

fn function() { println!("called `function()`"); } mod cool { pub fn function() { println!("called `cool::function()`"); } } mod my { fn function() { println!("called `my::function()`"); } mod cool { pub fn function() { println!("called `my::cool::function()`"); } } pub fn indirect_call() { // `function`という名の様々な関数をこのスコープ内から参照してみましょう。 print!("called `my::indirect_call()`, that\n> "); // `self`キーワードは現在のモジュールスコープを示す。この場合は`my`。 // `self::function()`と`funcition()`は同じ関数であるため、同じ結果になる。 self::function(); function(); // `my`以下の別のモジュールを呼び出す際に`self`を用いて明示的に参照できる。 self::cool::function(); // `super`は親スコープ(`my`の外側)を参照する。 super::function(); // 以下は*クレイト*スコープ内の`cool::function`をバインディングする。 // この場合、クレイトスコープは一番外側のスコープである。 { use cool::function as root_function; root_function(); } } } fn main() { my::indirect_call(); }