Rust by Example

14.3.1 ミュータビリティ

ミュータブルなデータは&mut Tでミュータブルに(変更可能な形で)借用することができます。これはミュータブルな参照と呼ばれ、読み込み・書き込みの権限を借用者に与えます。対照的に&Tはデータをイミュータブルな参照を介して借用し、借用した側はデータを読み込みはできますが書き込みはできません。

#[allow(dead_code)] #[derive(Clone, Copy)] struct Book { // `&'static str`はread-onlyメモリ上の文字列への参照 author: &'static str, title: &'static str, year: u32, } // この関数はBook型へのリファレンスを取る。 fn borrow_book(book: &Book) { println!("I immutably borrowed {} - {} edition", book.title, book.year); } // この関数はミュータブルなBook型へのミュータブルなリファレンスを取り、 // `year`を2014へ変更する。 fn new_edition(book: &mut Book) { book.year = 2014; println!("I mutably borrowed {} - {} edition", book.title, book.year); } fn main() { // `immutabook`という名のイミュータブルなBookを作成 let immutabook = Book { // 「"」で囲まれた部分は`&'static str`型になる。 author: "Douglas Hofstadter", title: "Gödel, Escher, Bach", year: 1979, }; // `immutabook`のミュータブルなコピーを作成し、`mutabook`と名付ける let mut mutabook = immutabook; // イミュータブルなオブジェクトをイミュータブルに借用する borrow_book(&immutabook); // ミュータブルなオブジェクトをイミュータブルに借用する borrow_book(&mutabook); // ミュータブルなオブジェクトをミュータブルに借用する new_edition(&mut mutabook); // エラー!イミュータブルなオブジェクトをミュータブルに借用することはできない new_edition(&mut immutabook); // FIXME ^ この行をコメントアウトしましょう }

See Also

static