Rust by Example

14.3.4 refパターン

letを介してデストラクトやパターンマッチングを行う場合、refキーワードを用いて構造体・タプルのフィールドへのリファレンスを取得することができます。以下の例ではこれが有用になる例を幾つかお見せします。

#[derive(Clone, Copy)] struct Point { x: i32, y: i32 } fn main() { let c = 'Q'; // 左辺に`ref`をつけることによる借用と、右辺に`&`をつけることによる借用は等価 let ref ref_c1 = c; let ref_c2 = &c; println!("ref_c1 equals ref_c2: {}", *ref_c1 == *ref_c2); let point = Point { x: 0, y: 0 }; // `ref`は構造体をデストラクトする際にも有用 let _copy_of_x = { // `ref_to_x`は`point`の`x`フィールドへの参照 let Point { x: ref ref_to_x, y: _ } = point; // `point`の`x`フィールドへのコピーを返す。 *ref_to_x }; // `point`へのミュータブルなコピー let mut mutable_point = point; { // `ref`は`mut`とともに使い、ミュータブルな参照を取ることもできる。 let Point { x: _, y: ref mut mut_ref_to_y } = mutable_point; // `mutable_point`の`y`というミュータブルなフィールドの値を変更する。 *mut_ref_to_y = 1; } println!("point is ({}, {})", point.x, point.y); println!("mutable_point is ({}, {})", mutable_point.x, mutable_point.y); // ポインタを含むミュータブルなタプル let mut mutable_tuple = (Box::new(5u32), 3u32); { // `mutable_ tuple`をデストラクトして、`last`の値を変更 let (_, ref mut last) = mutable_tuple; *last = 2u32; } println!("tuple is {:?}", mutable_tuple); }