Rust by Example

14.1 RAII

Rustの変数は単にデータをスタック上に保持するだけのものではありません。例えばヒープメモリを確保するBox<T>のように、変数はメモリ上の資源を保有する場合もあるのです。RustはRAII(Resource Acquisition Is Initialization)を強制するので、オブジェクトがスコープを抜けると、必ずデストラクタが呼び出されてそのオブジェクトが保持していた資源が解放されます。

この振る舞いはリソースリーク(resouce leak)バグを防ぐのに役立ちます。手動でメモリを開放したり、メモリリークバグにわずらわされたりすることはなくなるのです!簡単な例で説明しましょう。

// raii.rs fn create_box() { // 整数をヒープ上に確保 let _box1 = Box::new(3i32); // `_box1`はここで破棄され、メモリは解放される。 } fn main() { // 整数をヒープ上に確保 let _box2 = Box::new(5i32); // ネストしたスコープ { // 整数をヒープ上に確保 let _box3 = Box::new(4i32); // `_box3`はここで破棄され、メモリは解放される。 } // お遊びで大量のボックスを作る。 // もちろん手動で開放する必要はないよ! for _ in 0u32..1_000 { create_box(); } // `_box2`はここで破棄され、メモリは解放される。 }

valgrindを用いて、メモリエラーが起きていないか2重チェックすることももちろん可能です。

$ rustc raii.rs && valgrind ./raii
==26873== Memcheck, a memory error detector
==26873== Copyright (C) 2002-2013, and GNU GPL'd, by Julian Seward et al.
==26873== Using Valgrind-3.9.0 and LibVEX; rerun with -h for copyright info
==26873== Command: ./raii
==26873==
==26873==
==26873== HEAP SUMMARY:
==26873==     in use at exit: 0 bytes in 0 blocks
==26873==   total heap usage: 1,013 allocs, 1,013 frees, 8,696 bytes allocated
==26873==
==26873== All heap blocks were freed -- no leaks are possible
==26873==
==26873== For counts of detected and suppressed errors, rerun with: -v
==26873== ERROR SUMMARY: 0 errors from 0 contexts (suppressed: 2 from 2)

リークはないみたいですね!

See also:

ボックス