Rust by Example

17.7.1 key型の変種

EqHashトレイトを実装している型ならば、なんでもHashMapのキーになることができます。例えば以下です。

  • bool (キーになりうる値が2つしかないので実用的ではないですが…)
  • intuint、あるいは他の整数型
  • String&str(Tips: Stringをキーにしたハッシュマップを作製した場合、.get()メソッドの引数に&strを与えて値を取得することができます。)

f32f64Hashを実装していないことに注意しましょう。おそらくこれは浮動小数点演算時に誤差が発生するため、キーとして使用すると、恐ろしいほどエラーの元となるためです。

集合型は、その要素となっている全ての型がEqを、あるいはHashを実装している場合、必ず同じトレイトを実装しています。例えば、Vec<T>THashを実装している場合、Hashを実装します。

独自の型にEqあるいはHashを実装するのは簡単です。以下の一行で済みます。 #[derive(PartialEq, Eq, Hash)]

後はコンパイラがよしなにしてくれます。これらのトレイトの詳細をコントロールしたい場合、EqHashを自分で実装することもできます。この文書ではHashトレイトを実装する方法の詳細については触れません。

structHashMapで扱う際の例として、とてもシンプルなユーザーログインシステムを作成してみましょう。

use std::collections::HashMap; // Eqトレイトを使用する時は、PartialEqをderiveする必要があります。 #[derive(PartialEq, Eq, Hash)] struct Account<'a>{ username: &'a str, password: &'a str, } struct AccountInfo<'a>{ name: &'a str, email: &'a str, } type Accounts<'a> = HashMap<Account<'a>, AccountInfo<'a>>; fn try_logon<'a>(accounts: &Accounts<'a>, username: &'a str, password: &'a str){ println!("Username: {}", username); println!("Password: {}", password); println!("Attempting logon..."); let logon = Account { username: username, password: password, }; match accounts.get(&logon) { Some(account_info) => { println!("Successful logon!"); println!("Name: {}", account_info.name); println!("Email: {}", account_info.email); }, _ => println!("Login failed!"), } } fn main(){ let mut accounts: Accounts = HashMap::new(); let account = Account { username: "j.everyman", password: "password123", }; let account_info = AccountInfo { name: "John Everyman", email: "j.everyman@email.com", }; accounts.insert(account, account_info); try_logon(&accounts, "j.everyman", "psasword123"); try_logon(&accounts, "j.everyman", "password123"); }