Rust by Example

18.4 ファイル I/O

File構造体は開かれたファイルを表し(実際にはファイルディスクリプタのラッパーです)、読み込み・書き込み権限のどちらか一方、あるいは両方を提供します。

これはI/Oに関するオペレーションの失敗をより明瞭にします。このおかげでプログラマは直面した失敗を全て見ることができ、より生産的な方法でそれらを扱うことが可能になります。