Rust by Example

18.4.1 open

スタティックメソッドのopenを用いることで読み込み専用モードでファイルを開くことが可能です。

Fileはファイルディスクリプタという資源を保持しており、drop時にはファイルを閉じるところまで面倒を見てくれます。

// open.rs
use std::error::Error;
use std::fs::File;
use std::io::prelude::*;
use std::path::Path;

fn main() {
    // 目的ファイルに対する`Path`を作成
    let path = Path::new("hello.txt");
    let display = path.display();

    // pathを読み込み専用モードで開く。これは`io::Result<File>`を返す。
    let mut file = match File::open(&path) {
        // `io::Error`の`description`メソッドはエラーを説明する文字列を返す。
        Err(why) => panic!("couldn't open {}: {}", display,
                                                   Error::description(&why)),
        Ok(file) => file,
    };

    // ファイルの中身を文字列に読み込む。`io::Result<useize>`を返す。
    let mut s = String::new();
    match file.read_to_string(&mut s) {
        Err(why) => panic!("couldn't read {}: {}", display,
                                                   Error::description(&why)),
        Ok(_) => print!("{} contains:\n{}", display, s),
    }

    // `file`がスコープから抜け、"hello.txt"が閉じられる。
}

以下が成功時に期待されるアウトプットです。

$ echo "Hello World!" > hello.txt
$ rustc open.rs && ./open
hello.txt contains:
Hello World!

(気が向いたなら、上記の例を様々な形で失敗させてみましょう。例えばhello.txtが存在しないとか、読み込み権限がないとか、そういった状況で実行してみてください。)