Rust by Example

18.5.1 パイプ

Process構造体は実行中の子プロセスを表します。stdinstdoutstderrを介して表面化のプロセスとのやり取りを仲介します。

use std::error::Error; use std::io::prelude::*; use std::process::{Command, Stdio}; static PANGRAM: &'static str = "the quick brown fox jumped over the lazy dog\n"; fn main() { // `wc`コマンドを起動する。 let process = match Command::new("wc") .stdin(Stdio::piped()) .stdout(Stdio::piped()) .spawn() { Err(why) => panic!("couldn't spawn wc: {}", Error::description(&why)), Ok(process) => process, }; // `wc`の`stdin`に文字列を書き込む。 // // `stdin`は`Option<ChildStdin>`型を持つが、今回は値を持っていることが // 確かなので、いきなり`unwrap`してしまってよい。 match process.stdin.unwrap().write_all(PANGRAM.as_bytes()) { Err(why) => panic!("couldn't write to wc stdin: {}", Error::description(&why)), Ok(_) => println!("sent pangram to wc"), } // `stdin`は上のプロセスコールのあとには有効でないので、`drop`され、 // パイプはcloseされる。 // (これは非常に重要です。というのもcloseしないと`wc`は // 送った値の処理を開始しないからです。) // `stdout`フィールドも`Option<ChildStdout>`型なのでアンラップする必要がある let mut s = String::new(); match process.stdout.unwrap().read_to_string(&mut s) { Err(why) => panic!("couldn't read wc stdout: {}", Error::description(&why)), Ok(_) => print!("wc responded with:\n{}", s), } }